MacBook シリーズの購入から使い方まで
お役立ち系考察情報発信メディア
MacBook Pro

MacBook Pro 13インチ 2018 のプロセッサはコスパ面から Core i5 一択!

2018年の MacBook Pro 13インチ Touch Bar 搭載モデルはコンパクトかつ高性能で非常にオススメです。

その高性能を実現しているのは、Intel 第8世代 Cofee Lake のプロセッサです。これが第7世代から大きく性能アップしています!

そして、この記事でお伝えしたいことはただ一つ。コスパの面を考えると、2018年 MacBook Pro 13インチモデルを購入するならプロセッサは Core i5 の一択です。その理由を解説します。

MacBook Pro 13インチで選択できるプロセッサの種類

2018年に発売された MacBook Pro 13インチ では、以下のプロセッサがカスタマイズ構成で選択可能です。

  • Intel Core i5-8259U
  • Intel Core i7-8559U

Core i5-8259U と Core i7-8559U の性能差は少ない

Core i5-8259U と Core i7-8559U を搭載したそれぞれの MacBook Pro 13インチのベンチマーク(性能数値)を見てみます。

【シングルコア ベンチマーク】
Mac Score
MacBook Pro (13-inch Mid 2018)
Intel Core i7-8559U @ 2.7 GHz (4 cores)
5131
MacBook Pro (13-inch Mid 2018)
Intel Core i5-8259U @ 2.3 GHz (4 cores)
4512

【マルチコア ベンチマーク】
Mac Score
MacBook Pro (13-inch Mid 2018)
Intel Core i7-8559U @ 2.7 GHz (4 cores)
17620
MacBook Pro (13-inch Mid 2018)
Intel Core i5-8259U @ 2.3 GHz (4 cores)
16521

こちらのデータは Geekbench というパソコンやプロセッサのベンチマーク(性能テスト)結果を載せているサイトからの引用です。

Core i7 の性能を 100% としたときの i5 性能を見ると、【シングルコア】では 87.9%、【マルチコア】では 93.7% です。

1割ほどの性能差は、体感的にほぼないと言ってよいでしょう。

値段の差は「35,640円」もある

MacBook Pro 13インチ のカスタマイズ画面を確認すると、Core i5 ⇨ Core i7 のアップグレードはプラス35,640円(税込)あります。

Apple公式サイトより引用 *コチラの価格表記は税別(税抜)

性能差は 10% ほどですが、i7 にすることで価格は 16% ほどあがります。

コスパを考えると、価格差は性能向上ほどのメリットはないと言えます。

MacBook Pro 13インチ 2018年モデル プロセッサ選択のまとめ

以下の理由から、MacBook Pro 13インチ 2018年モデルのプロセッサ選択は Intel Core i5 一択です。

  • Core i7 と比較して性能差は 10% ほどしかない
  • Core i7 へアップグレードすると価格は 16% 向上する

MacBook Pro 13インチは Intel Core i5 を選択してお金を節約しちゃいましょう。

MacBook Pro 13インチ はわたしも使っていますが、コンパクトで第8世代 Intel Core の性能が高くオススメですよ!